09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-26 (Mon)
2005年に発売された、46万部突破の「アラシゴト」。

1万字インタビューを
嵐5人それぞれが歩んできた道に想いを馳せながら、
(生意気にも)親のような気持ちで読みました(笑)
以前に聞いた事のある話がほとんどなのですが、
改めて読むと、インタビュー当時と今の違いも若干見えてきて、面白い!
ほとんど言ってる事は変わらないんだけど。

大野さんの1万字インタビューには
デビュー時の
「自分が嵐でいいのか」「自分のファンなんていない」
・・・って思ってた頃のことが語られてます。

あと、お芝居に関しては
翔くんのドラマに友情出演するだけでも1週間前から緊張してた、とか
「ピカ☆ンチ」も不安でいっぱいだったとか。

そんな彼が今や・・・

月9主演・・・!!!

「怪物くん」をやると知ったとき、
私は「大野さんだから、きっとやってくれる」と思う反面、
「・・・大丈夫かな??」と、不安でした。
でも、そんな不安をよそに、ご本人は
自分が主役っていうより、皆で主役って感じ」と、
"楽しんで"ましたよね。

今回の月9主演に関しても、月刊ザTVジョンでは
月9って意識は無い。
 ただ、『鍵のかかった部屋』という台本を手にして一生懸命やるだけ

と語ってました。

その言葉から、
自信なんか無いけど、やるだけのことはやる。
そこで初めて自信になる。その繰り返し。

という大野さんのラジオでの言葉を思い出しました。
(受験生に贈る言葉として以前紹介しましたが)

私は、彼のこういうところが、好きです。尊敬してます。

あのゆる~い雰囲気から
「大野くんって、やる気がないよね」って思ってる人もいるかもしれないケド
私は「やる気がない人」ではないと思う(笑)
そりゃ、北村一樹さんがしやがれで指摘されたように
5人の時のダンスが省エネだったりするけど(笑)

ただ、無欲だな~とは思う。
「ドラマ、ヒットさせよう」とか・・・そういう欲が無い。
"ただ、目の前のコトを、責任をもってやり遂げる"っていう意欲はあるのに。

彼のこういうところが、好きです。尊敬してます。(2回目)

でも、これは大野さんに限らず、嵐全員にいえることかも。

"目の前のコトをしっかりやる"・・・
無欲なまま、ひたむきに。
気負わず、楽しんで。

最近は「一発やってやるぜ!」っていう志の高さが求められるのかな。
でも、「大きなことを目指してるわけじゃないけど、
目の前のコトは責任もってやり遂げます」っていうスタンス。。。
悪くないよね??

社会に出たことの無い私は、
そんなスタンスでありたいと思いながら、
そんなスタンスが求められるといいな・・・と願っているのです^^
関連記事
Theme : * Genre : アイドル・芸能 * Category : 大野智を語る
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。