09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-04-01 (Mon)
4月になってしまいましたね~…

今日は1日。ファストデー。映画が1000円で観れるということで、
二度目の「プラチナデータ」鑑賞に母と弟と行ってきました。
二度目ともなれば、いろいろと違った見方をしたくて…。
あえて観ないでおいた解析SPなどを昨日観ておきました。
アクションシーンのメイキングも含まれてましたからね。

前回観たあとで、様々な方の感想や解釈を読み、
嵐・二宮主演「プラチナデータ」をもう一度見る人の為の16のチェックポイント
というサイトまで見たので、確かに違った見方は出来た・・・の、かな?
というか、こういった解釈やサイトをみたせいで、
全てに意味を求めすぎて、こんがらがりました(笑)

・・・とはいえ、この映画のストーリー自体は比較的明快だと思うんです。
でも、凄く丁寧に細部までこだわって作られてる(何度も観たくなるように作られてる)
深い映画でありますから、難しく考えようと思えば、いくらでも考えられる。
すべてに意味があると考えるのはあながち間違ってないと思うんですよね。

そういった意味で、この映画は何度観ても楽しめる映画です!
そしてエンターテイメント性も非常に高くてですね・・・
特に逃走シーンのヒリヒリ感、二度目でもたまらなかったです。

以下、二度目の感想を。
前回よりは内容に触れてたりするのでご注意を!

やっぱり分からないところは分からないままかも。
あまりこういうの理解できないタイプなので(笑)

まず、「痣なんて無かったよ…」っていうリュウの台詞は
やっぱりどう解釈したらいいのか分からないし、
サキをモデルにした画の痣を消した理由も分かるような分からないような…
「伝えようとした」んだろうけど、「え、なんで?」って感じで。
もっと考えたらわかるのかなぁ…。

そして、父親の死を知ったタイミング。
回想で演じてるのはニノではない15歳の少年(声だけニノ)
「父さんが死んだ」ってサキに告げるシーンはニノ。
このタイムラグはなんなんだ!?と思っていたんですが…
(この件を一番考えながら観てた)
父の自殺を知った時点で神楽の人格が出てきたから、
リュウは知らないままだった…ってこと?
うーん、なんか釈然としないというか、間違ってる気しかしないけど
私に考えられるのはここまでなんだよなぁ。

あと、前述のサイト、チェックポイント9にあった
浅間がアトリエでリュウに「会うのは2回目だな」というが
3回目ではないか?という部分の解釈
なんですが…
1回目がスタジアムの「痣なんて無かったよ」
2回目が○○で銃を引き渡すシーン。
3回目がこのアトリエ。
確かに3回じゃん!って思ってたけど、弟と話してたら
浅間にとっては2回目の行動はリュウではなく神楽によるものとして
あえて言ってるんだろうな…
っていう結論に落ち着きました!

アトリエのこのシーンのリュウの仕草にはグッときてしまいました…
はぁぁぁってなりますよね←伝わりづらい

今後もネット上で解釈を探ってみようかと!
なにかしっくりくる解釈があれば教えてください^^
私はもう考えられません~・・・

とにかく

プラチナデータ面白い・・・

そしてニノのビジュアルが素敵すぎて惚れる。
演技はもう、ね、私の貧困なボキャブラリーで語れないほどの素晴らしさです。
はい。

Return

スポンサーサイト
Theme : * Genre : アイドル・芸能 * Category : 嵐:映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-17 (Sun)
プラチナデータ 原作 東野圭吾×主演 二宮和也 プラチナ対談

今朝の朝日新聞の東京版に掲載されたものと同じだそうです。

ニノの映像化に対する考え方のみならず、
東野さん自身の考え方、小説の書き方までも語られており、
非常に読み応えがあります。←東野圭吾作品大好き

東野さんがお世辞抜きに映画を高く評価して下さってるのが嬉しくて嬉しくて。
原作と映画ではかなり違いがあると聞いたので、早く読みたいですヽ(*´∀`)ノ
その前に映画をもう一度観に行こうと思ってます!
Theme : * Genre : アイドル・芸能 * Category : 嵐:映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-16 (Sat)
本日公開「プラチナデータ」ヽ(*´∀`)ノ

初日舞台挨拶生中継付きの9:00の回を観てまいりました!
映画館に入ったら、アラシックだらけでもの凄い行列(グッズ)!
かなりビビりました・・・間違えて並びそうになった。。。
あんな光景久しぶりに見たわ・・・嵐グッズを持ってる人だらけなんだもん!

以下、映画の内容について触れる部分があります。
まだ観てない人は見ないほうが良いです。

ワタクシ今回は背景しか知らない状態で(特番もまだ観てない)
あらすじもよく知らずに観ました。それで良かったと思ってます。

1度しか観てないですし、
私のこの貧しいボキャブラリーでは語りきれない部分があるんですが
この映画、最高に面白くて心惹きつけられたので、
その興奮を少しでも伝えられることを祈りつつ、
書き残しておきたいと思いますO(≧▽≦)O

俳優・二宮和也に改めてオチました・・・!

そして生中継・・・ニノ可愛い・・・この試み素晴らしすぎる。
生中継のチケットの為に0時にパソコンと頑張った甲斐がありました
(田舎なので比較的楽でしたが・・・)
手の振り方があまりに可愛くって、中継先でも歓声が上がってましたよ!
レポはできませんので、こちらをご覧下さい→

※ネタバレほとんどないけど、注意

ゾクゾクさせられました。
スリル&迫力満点の逃亡シーンは勿論ですが、
神楽がリュウになる瞬間、その対話シーン。
このシーンが印象的すぎて、このシーンだけでもいいから
もう一度観に行きたいって既に思ってます。
俳優・二宮和也って凄いなぁって改めて思いましたし、
神楽とリュウに惹きつけられて入り込んでしまいました。

私はよく「ギャップ萌え」するタチなので、余計惹きつけられたんでしょうね。
まぁ「二重人格」を「ギャップ」とか言っちゃうのは語弊があるというか、
マズい気さえもするのですが・・・何と言ってよいものか。
頭脳明晰、結果が全て、冷徹な神楽が、儚く笑う、涙を流すリュウに
キュン・・・なのかな?ビビっ・・・なのかな
まあ要するにオチてしまったわけです。

『魔王』で成瀬領にオチたのに近い感覚。
神楽とリュウと二宮和也がたまらなくなってしまい、
こんなの久しぶりだな、と。それぐらいの衝撃。

ストーリー自体が抜群に面白いです。予測できなかったな~・・・。
原作読みたい・・・っ。

そして、「DNAは人間のすべてなのか?」という問いに答える必要があるわけで・・・
どういう形で答えを出すのかな・・・と、そこも気になって観てましたが、
うん、良かったと思います。

音楽にも期待してたんですが、やはり澤野さん素晴らしいヽ(*´∀`)ノ
サントラが欲しくなりました。

語るというほど語れず、相変わらずの支離滅裂な文章になってしまいましたが、
とにかく、素晴らしい映画だったんです。
俳優陣が皆さん素晴らしい方々ですから。ニノのみならず。

私にとって、この映画、忘れられないものになったと思います。
俳優・二宮和也に魅せられすぎて、
「Breathless」がエンドロールで流れた時に
「この人嵐のメンバーだもんな。アイドルだもんな」という不思議な感覚に。
映画を見た上でこの曲を聴くと、歌詞がぴったり過ぎて胸熱。

ほんとに、もう一度見たい。

Return

Theme : * Genre : アイドル・芸能 * Category : 嵐:映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-02-07 (Thu)
今週の月曜にテストが終わりました^^
そこからは自由だったので、一日中溜まってた録画番組を観てました。
「ラストホープ」はまだなんですけどね^^;
今クールは観たいドラマが多すぎて困ります・・・。。。
前クールは全くドラマ観てなかったんですけどね。
ちなみに、今クール観てるドラマは
「ラストホープ」「サキ」「最高の離婚」「夜行観覧車」です。
これに加えて「glee」と「Ugly Betty」・・・どんだけテレビ見過ぎやねん(-_-;)

それはさておき、長らく更新しない間にいっぱいニュースが!
テスト前だろうが中だろうが、基本アラシゴトは追っかけてたわけですが・・・
翔くんのドラマのことも含め、いろいろありすぎて忘れちゃったので
あえて触れないでおきます^^;

ところで今日、未だに観てなかった
僕は妹に恋をする」を観てたんですが・・・。
僕は妹に恋をする プレミアム・エディション [DVD]僕は妹に恋をする プレミアム・エディション [DVD]
(2007/08/29)
松本潤 榮倉奈々 平岡祐太

商品詳細を見る

うーん、感想を少しTwitterにも書きましたが、個人的には「う~ん」でした。
特殊な設定の割には単調に描かれてて
・・・いや、あえてそうしてるのかもしれないけど。
私は最近単純なコメディとかテンポ速いドラマに慣れてしまってるので、
余計「単調」と感じてしまったのかもしれません。
途中、長いな~とか思っちゃって(^。^;)このシーンいるのかな~とか←何様

単に、私が「映画の味わい方」を分かってないだけかもしれませんね。
絶対そうだわ。

私はキャラクターに感情移入して観たいんですが、
この映画は話が話だったので、どのキャラクターの気持ちも理解できず・・・。
「禁断の恋」のはずが、それほど「禁断」に見えなくなった・・・ので、
あまり切なさ、葛藤を共有できなかった。
序盤から想い合ってる感じだったから、兄妹に見えなくって。
普通の恋愛映画に思えちゃったんだよな~。

ただですね、潤くんのビジュアルが最高です・・・
私の中では満点のビジュ・・・←だから何様
映像も美しいです・・・!!心静かに観れる映画で、変なドギツサは無いです。
漫画の描写が凄くドギツイと聞いていたので、もっと見にくい映画かと思ってました。
そんなことは全くなかったから、ある意味良かったのかも。

以下、かなり遅くなりましたが、コメント欄で頂いた
Popcornツアー名古屋公演(1/13)レポを僭越ながらまとめさせて頂きました。



*1/13Popcorn名古屋公演*
※レポ提供者様の座席は5階席上から3番目
《まとめるにあたり、私自身の解釈で文を加えたり削ったりしていますが、
 私自身は参戦していないので、事実から離れている可能性があります(^。^;)
 軽い気持ちでお読みください》

・3曲目あたりで、大きなトロッコに前のステージから降りる時、
前のステージの階段でにのが後ろにつんのめる→後ろにいた支える
・a Day~にて絡み:キスしようとしたが出来ず
・ウォータースクリーンにはNAGOYA FINALと表示
2回目のアンコールの時、よじ登って1階のスタンドに入ってファンサ
・トリプルアンコールあり
・最後の挨拶:「アラフェスは決まっているけれど、ツアーもやりたいなと思います」

~MC~
●にの翔
にの「みんなの一体感がすごかったね」
「ファイナルだから言っちゃうけど、ファイナルだから俺のソロの最後に、
  相葉ちゃんがソロでやっている投げキッスをやった」
にの「翔くんのソロで、光る青色の物体を飛ばすのに参加した。むずい。
   しかも、誰も見てくんない。翔君見てるからとちょっと寂しい」
「ファイナルだからこれもバラしちゃうけど、その光るのは、
  2年前にベトナムで見つけて、コンサートで使う機会が無くて今回になった。
  最近トルコでも見た!」

●にの雅
「最後だからと思って逆に緊張してしまって動きがぎこちないから、後半は力を抜く」
にの「なんで?」
「なんかこれで終わっちゃうのかーと思ったら、1つずつ振りを忘れられると思って!」

のコンサート制作のくだり
「この人()よく言うねー。Cosmosの振りをフルでつけろって言うんだもん」
「ニューヨーク仕込み」をかなり強調
もう一回アラフェスでも振付やってほしいとみんながに言う、会場から拍手。
「そのためにはもう1回ニューヨークに(行かないと)」

二人に
・ラストホープについて・・・
「五人中二人が内科医になりまして」
「ドラマのセリフ覚えられない」
・謎ディについて・・・
「(四か国ぐらい東南アジアの国を挙げる)に行った。
 今私嘘つきました。この中の行ったのは3か国です」

にの
にのしか出てこず、にのが一人になるのを心配する
登場では、はける。

にの「プラチナデータ公開されます」
「絶対行く」 にの「大野さんは?」 「えっあーう」
「行くの?」 「えっあーう」
「じゃあ聞くけど、怪物くん観た?」
にの「観た」←即答
「観に行くよ」←なげやり

●5人に :ニューヨークの話に「何を3人は学んだのか?」
:照明学ぶ
:振付学ぶ
:役者のパッション学んだ→爆笑
「来年も行かないとねー」
「三人で行きたい。一人は嫌だ」

Return

Theme : * Genre : アイドル・芸能 * Category : 嵐:映画
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 真子
こんにちは!お久しぶりです(*^_^*)

「映画の味わい方」を分かっていないわけではないと思いますよ!
やっぱり、好き嫌いはあるし
私は恋愛系はそんなに好きではないし(笑)

話は逸れますが、個人的には
恋愛メインよりもほかのことがメインの作品のほうが好きです。

関係ない話に逸れちゃってごめんなさい(笑)

テスト、お互いにお疲れ様~!

Re: タイトルなし * by ☆♪ayaka♪☆→真子さん
こんにちは!コメントありがとうございます^^

テストお疲れ様です~♪

そう言って頂けてなんだか安心しました^^
確かにそうですよね~
そもそも恋愛系に感情移入しにくい自分に気付きました(笑)
もしかしたら私もあまり恋愛系自体好きじゃなかったのかも・・・!?

個別記事の管理2012-12-13 (Thu)
電車で携帯からの更新!
歯磨きしてたら、めざまし観てた母が『神カル2やて!』
っていうんで、相当ビックリ( ; ゜Д゜)
原作がシリーズ化されてることは知ってましたが、
映画までそうなる可能性があるとは予想してませんでした!
前作のヒットを受けての続編ですから、喜ばしいですね。
翔くん、また大変かなぁ…とか思っちゃいますけど。。

映画『神様のカルテ2』公式HP

サンスポ
デイリー



2 014年公開予定
・既に衣装合わせ済み
・年明け早々に約2カ月間の撮影に入る
・主人公のライバル医師で藤原竜也出演
・ライバル医師の妻役に吹石一恵、貫田の妻役に市毛良枝
一止が住むアパートの新入居者役に濱田岳らが新たに
・櫻井「自分の知らない一面と出会えた大切な作品。
再びかかわれることを嬉しく思う

穏やかで温かくて、心に寄り添う作品になると思う
・前作は興収約19億円の好成績をあげた。
・続編の構想は前作公開直後からあったが、
一止のライバル医師役に実力派の藤原が決まったことで、
製作が本格的に動き出した
・10年刊行の 「2」が原作。
神様のカルテ 2神様のカルテ 2
(2010/09/28)
夏川 草介

商品詳細を見る

・前作から数カ月後の設定
・東宝は「2」以降の続編も視野に
・医師としての成長を表すため前作よりは“控え め”になるが、
トレードマーク の髪型は復活予定。


今日のコンサートでお話出るかな(*´∇`*)
藤原竜也さんっていうのも意外で、
共演してるのを観るのが楽しみ!
藤原竜也さんって大野さんに似てるって巷で言われてるしね( ̄∇ ̄*)ほほ

ちなみに最近原作は映画まで我慢、を誓っていました。
神カル2も映画を観てから、読もう!
って思ってたんですが(笑)
あらすじ読んだら、私既に読んでるわ←忘れてた
まぁいいけど(笑)

ということで翔くん頑張って下さい!
2013年謎ディ公開で2014年神カルかぁ…
遠いなぁ。。2014年。。

えーと、、、
ちなみに来年、大野智の活動は何かありますか?(笑)
鍵部屋続編もまだ無さそうかなっ!
気長に待ちます(笑)
いや、いいのよ!別に!♪ヽ(´▽`)/
Theme : * Genre : アイドル・芸能 * Category : 嵐:映画
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by 真子
こんにちは!

仕事が決まる→うれしい
反面、忙しいでしょ?大丈夫?

って思っちゃいますよね、やっぱり。
複雑ですよね~

智くん、お休みできるといいですね(*^_^*)

Re: No title * by ☆♪ayaka♪☆→真子さん
こんにちは!
真子さん、ありがとうございます。

そうなんですよね^^;
特に神カルは負担が大きそうな役に思えるんで・・・
でも頑張ってほしいですね。年明け早々^^;

大野さんにはゆっくり休んでほしいとは思います^^
絵を描ける時間も欲しいみたいですし・・・
でも一年に一つは個人のお仕事欲しいので(笑)
休んでから、何かやってほしいな~や、やるよね?って感じです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。