09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-01-17 (Sun)
15年前のまさに今日。
阪神・淡路大震災は起こったんですね。
以下、感想です。
まだ見ていない方もおられると思うので、隠します♪

このドラマを見て、この出来事を忘れちゃいけない、と強く思いました。
その一方で、他人事のように感じてしまいました。
何度も映し出される悲惨な光景の数々が、
現実に起こったこととして受け止められなかったんですよね。
「こんなこと本当にあったの?」・・・って。
本当に信じられない気持ちで。
今まで、写真で震災の様子を見ることはありましたが、
映像で見るとさらに凄まじくて・・・。
ドラマを見ることで、当時のことを母から聞くことにもなりました。

本当に「見て良かった」と思えるような、見応えのあるドラマでした。
ドキュメンタリー部分との融合にも、全く違和感がなかったですし。
私はどうしてもドキュメンタリードラマとかを敬遠してしまうので、
翔くんが出演していなかったら、
おそらく見ることにならなかったと思うんですよね。
そういった意味でも翔くんのこのドラマへの出演は、大きいです。

記者それぞれの葛藤が、痛いほどに伝わってきて。
でもやっぱり、"火の海"状態の神戸の街で途方に暮れる人々の姿の方が、
見ていて辛かったです。
母親の遺体に子供が「お母さん」と呼びかけ続ける場面は、
特に、我が事のように思えてしまって辛かったです。

そして、当たり前のように今朝も届いた新聞を見て、
昨夜の神戸新聞の人々の事を思い出しました。
あの当時は、「情報を求める人々」と「情報を伝えたい人々」の
両方がいっぱいいっぱいだったんですよね・・・。
情報の大きさって、こういう時に気付くんですよね。

「明るい記事を載せていこう」と決意する場面では、
それまでの鬱々とした気分が取り払われるかのように、
こっちまで明るい希望のある気持ちになれました。

でもそれぞれに別れが訪れるんですよね。
切なくて苦しかったです。
瓦礫の下の遺体とか、遺骨とか、遺影もないお葬式とか・・・。
でもそれぞれが乗り越えていくんでしょうね。
そんな人々が数え切れないほどいるんですよね。

だから、忘れちゃいけない、と強く思ったんです。

翔くん、改めて本当にお疲れ様でした~。

Return

スポンサーサイト
Theme : * Genre : アイドル・芸能 * Category : 櫻井翔:神戸新聞の7日間
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。